ミノキシジル入りの育毛剤がおすすめのワケ

1980年代に発毛効果のある治療薬として世界初の認可を受けている薬がミノキシジルです。
アメリカでは1970年代から高血圧治療薬として使用が始まっていますが、発毛可能な医薬品としての効果が認められたのは1980年代に入ってからです。

アメリカのファイザー製薬で開発しており、日本で使用できるようになったのは1999年になってからです。
厚生労働省でも承認しているAGA向けの医薬品のため、国内では医師の処方箋が必要になります。

内服薬として使用するか、外用の育毛剤として使用できます。
そのため、ミノキシジルは柔軟な使用方法を選択できます。

育毛剤が一般的だが内服薬も

ミノキシジルは主成分の名前でもあり、多種多様な育毛剤にも配合してあります。
ミノキシジルは、血管拡張作用から高血圧の治療薬に開発されましたが、利用者から多毛の症状の報告があり、育毛効果のある医薬品としても使用されるようになりました。

服用する育毛剤としても知られるようになり、内服薬は医師の処方を受けて使用します。
頭皮に塗る育毛剤にも配合され、性別に関わらず使用できる点が評価されています。

副作用リスクが少なく安心して使用できる育毛成分です。
念のため、稀に起こる可能性があると言われる副作用も把握して使用すると安心でしょう。

男性は男性用、女性は女性用を

ミノキシジルを内服した場合、血行促進により発毛効果が期待できる反面、高血圧の治療薬としての働きが作用して、血圧が低下する恐れがあります。
また、濃度の高いミノキシジルの育毛剤を塗ると、稀に頭皮のかぶれやかゆみを感じることがあるので、様子を見ながら使用することが推奨されます。
アレルギー反応を起こしてフケに悩むケースもあるため、違和感があれば使用を中止します。

男性用の育毛剤と女性用の育毛剤は濃度を分けているため、性別に合わないミノキシジルの濃度を選択すると、肌の変化を感じる可能性は高いと考えて良いでしょう。

安全性は高いミノキシジル

ミノキシジル配合の育毛剤は、性別に関係なく使用できますが、男女兼用には適していません。
男性用と女性用に分けて、問題のない濃度を設定しているからです。

また、内服薬として使用する場合は、医師の処方箋にて手に入れる場合と、個人輸入を通じて購入する選択肢があります。
一般に、病院からの処方薬は高額になるため、安価に利用したい方は、個人輸入をするケースが見られます。

厚生労働省が承認している発毛成分であることを考えても、安全性に優れていると言って良いでしょう。
発毛効果のある医薬品としては、長い歴史を持っていることもミノキシジルのオススメのポイントです。