ミノキシジルと併用すると効果的なプロペシアとは?

プロペシアは男性のAGA治療薬です。
本来は前立腺肥大の治療薬として使用されましたが、発毛効果も認められたことから、いずれの治療にも使用できる薬です。

発毛効果が非常に高いことから、日本皮膚科学会で発表したAGA診療ガイドラインで、Aランク判定を受けています。

また、臨床データでは、プロペシアを1年間服用した方58%程度の方が、AGAの改善が見られたと回答していることも、効果の高さの証拠だと考えられています。
98%に関しては、AGAが進行しなかったと実感しているので、プロペシアは薄毛治療薬としてスタンダードなポジションを獲得しています。

プロペシアの有効成分は?どうして効果的なの?

プロペシアの主成分はフィナステリドです。

AGAは、男性ホルモンのテストステロンと5α-リダクターゼが結合してできるジヒドロテストステロンが、男性の毛髪サイクルの成長期を短縮することから発生するといわれます。
その5α-リダクターゼの働きを阻害して、ジヒドロテストステロンを抑制するのがフィナステリドの作用です。

アメリカのメルク社で開発した薬で、日本では2005年に厚生労働省の承認を受けて販売が許可されました。
ただし、日本国内ではAGA治療薬として認められているので、前立腺肥大の治療には使用しないものと考えて良いでしょう。

まれに副作用が起こることも…使用前にチェック

フィナステリドは、副作用のリスクは少ないと言って良いでしょう。

稀に男性機能の低下がみられますが、重篤な副作用の報告はほとんど見つかりません。
服用した際の副作用よりも使用上の注意点の方が重要でしょう。

女性や子供の体内にフィナステリドが入ると、健康問題が起こると指摘されています。
妊娠している女性なら、胎児に作用して生まれてから生殖器系に問題が起こる可能性があります。

小児でも将来の健康問題が指摘されているので、プロペシアの保管には厳重な管理が必要です。

プロペシアを服用する方の体調変化も確認した上で、同居している家族が手を触れないように注意しましょう。

効果を感じている人は8割近くも!

プロペシアは、育毛向けの医薬品として効果が認められているので、利用希望者も多いです。
注意点には厳守しなくてはいけない点が多いので、管理が難しい方には向いていません。

アメリカのFDAや日本の厚生労働省を始めとして、世界70か国で承認を受けたと言われていますので、使用する本人には安全性が高いと考えられるのもメリットです。

効果が高いほど副作用を心配する方が多いので、プロペシアはデメリットをクリアした薬だと判断できます。

国内での臨床試験は数年単位で検証を行っており、3年間使用した場合は78%の方が毛髪の増加を実感していることが公表されています。